吉祥寺駅から徒歩5分以内!おすすめ矯正歯科3選 » 矯正で改善できる!主な症状まとめ » 八重歯

八重歯

八重歯の主な症状や原因、おすすめの矯正方法を紹介します。

八重歯の特徴

八重歯とは、犬歯(糸切り歯)が歯列の外側にはみ出し、他の歯に重なって生えていたり、牙のように突き出していたりする状態です。見た目はかわいらしいと言われる場合もありますが、健康上はさまざまなデメリットがあります。

他の歯に重なって生えているので、汚れがたまりやすく虫歯や歯周病になりやすい傾向にあり、他の歯に負担がかかってしまったり、唇・舌・歯茎などを傷つけてしまいやすかったりするなどのリスクがあります。

八重歯の原因には、先天的な2つの原因があります。

八重歯の原因

歯の大きさと顎の大きさがアンバランス

歯の大きさに対して顎の大きさが小さすぎたり、顎の大きさに対して歯が大きすぎたりすると歯が並んで生えるスペースがなくなり八重歯になってしまいます。狭いスペースに並んで生えようとするもののスペースがなく、隣り合う他の歯に押し出され、前に飛び出したり、他の歯に重なり合あったりするように生えてきてしまい、八重歯となってしまうのです。

乳歯の抜けるタイミングと永久歯が生えるタイミングが合わなかった

乳歯が抜けた後、永久歯がしばらく生えてこない状態が続くと八重歯の原因となります。歯は空いたスペースに移動しようとする性質があり、乳歯が抜けた後、永久歯がしばらく生えてこない状態が続くと、そのスペースを埋めるように他の歯が移動してきてしまいます。その結果、永久歯が生えはじめるころには並んで生えるスペースがなくなり、他の歯に押し出され、八重歯となってしまうのです。

八重歯が悪化するとどうなる?

八重歯は、他の歯に重なるように生えてしまっていることや、下の歯との噛み合わせがないことなどにより、放置するとさまざまな健康上のデメリットがあります。

虫歯や歯周病になりやすく口臭が発生しやすい

他の歯に重なって生えているので、汚れがたまりやすく、虫歯や歯周病になりやすいことに加え、口臭も発生しやすくなります。八重歯の場合は、普段に歯磨きを丁寧にすることに加え、デンタルフロスなどを用いて入念に汚れを落とす必要があります。

唇・舌・歯茎などを傷つけてしまいやすい

八重歯では、歯が牙のように突き出ているため唇・舌・歯茎などを傷つけてしまいがちです。唇・舌・歯茎などを傷つけてしまうとそこから口内炎になってしまうこともあります。

他の歯に負担がかかる

八重歯では、上下の犬歯がうまく噛み合わないため他の歯に負担がかかります。犬歯というのは他の歯よりも強度が高く、上下の犬歯が噛み合うことによって、他の歯にかかる負担を和らげています。よって、上下の犬歯が噛み合わない八重歯では、他の歯への負担を和らげることができず、歯が磨り減ったりかけたりしやすくなります。

歯茎が下がりやすい

歯が突き出ているため、八重歯の部分では歯茎が薄くなりやすく歯茎が下がりやすくなってしまいます。歯茎が薄いと削れたり傷ついたりしやすく、知覚過敏にもなりやすくなってしまいます。

八重歯を改善する矯正法

八重歯を改善する矯正法には、「ワイヤーによる表側矯正」「ワイヤーによる裏側矯正」「マウスピース矯正」があり、それぞれメリット・デメリットがあります。いずれも、歯をゆっくりと動かしながら、歯列の乱れや歯の重なりを解消していきます。犬歯が移動するスペースがない場合は、抜歯が必要になる場合もあります。

ワイヤーによる表側矯正

八重歯の矯正治療で最も多く採用されている方法です。歯の表側に取り付けたワイヤーブラケットで歯列の乱れや歯の重なりを解消していきます。矯正法の中では、最も普及している方法なので、どの歯科クリニックでも対応できて、重度の八重歯でもきれいに矯正できるのがメリットですが、取り付けたワイヤーブラケットが目立ってしまうというデメリットがあります。

ワイヤーによる裏側矯正

八重歯の矯正治療では、ワイヤーによる裏側矯正を行うこともできます。ワイヤーによる表側矯正と同様の矯正効果があり、目立たないことがメリットですが、ワイヤーによる表側矯正よりも多くの時間と治療費がかかってしまいます。また、慣れないうちは発音や食事、歯磨きがしにくいというデメリットもあります。

マウスピース矯正

八重歯の矯正ではマウスピースを用いる方法もあります。目立たないのがメリットですが、ワイヤーによる矯正よりも歯を動かす力が弱いので、重度の八重歯の矯正は難しい場合もあります。また、進行度合いに応じてマウスピースを交換する必要があり、通院回数は増える傾向にあります。

八重歯のおすすめの矯正方法

  • 主な治療法:表側矯正、裏側矯正、マウスピース矯正
  • 治療期間:1年~3年
  • 費用(目安):表側矯正(約770,000~1,200,000円)、裏側矯正(約1,050,000~1,500,000円)、マウスピース矯正(約550,000~1,400,000円)
駅から徒歩5分!矯正の資格を持った医師が在籍 吉祥寺のおすすめ矯正歯科クリニック3選
【裏側矯正】
目立たない装置で
矯正するなら
吉祥寺エル矯正歯科
3選パーツ_吉祥寺エル矯正歯科
吉祥寺エル矯正歯科
https://www.l-kyousei.com/
【表側矯正】
なるべく費用を抑えて
矯正するなら
ひおき矯正歯科
3選パーツ_ひおき矯正歯科
ひおき矯正歯科
http://hioki-kyousei.com/
【マウスピース矯正】
手軽に外せる装置で
矯正するなら
井の頭矯正歯科
・審美歯科
3選パーツ_井の頭矯正歯科・審美歯科
井の頭矯正歯科・審美歯科
https://www.inokashila.com/

※吉祥寺周辺エリアにある38院のうち「駅から徒歩5分圏内」「診療予約がWEB・電話どちらでも可能(※ひおき矯正歯科のみ2回目以降は電話)」
「矯正歯科に関する資格を持った医師が在籍」の条件を満たしたクリニックを、矯正の種類ごとに選出しています。(※2021年9月1日時点)

                    イメージ

歯美人3姉妹
プロフィール

  • 長女・明美(33歳)
    出っ歯に悩んでいたが、歯列矯正をして婚活に成功した。
  • 次女・仁美(22歳)
    受け口に悩んでいたが、歯列矯正をして内定を獲得した。
  • 三女・希美(19歳)
    歯並びが良くなかったが、歯列矯正をして成人式の前撮りができた。