吉祥寺にある矯正歯科厳選カタログ » 矯正する前に注目!知っておきたい基礎知識 » 歯科医師【竹中先生】に矯正歯科治療についてインタビュー!

歯科医師【竹中先生】に矯正歯科治療についてインタビュー!

インタビューに答えてくれたのはこの先生

くるみ歯科こども歯科 竹中先生

  • くるみ歯科こども歯科開業 院長
  • 公立九州歯科大学歯学部歯学科卒業。九州歯科大学病院臨床研修修了。
  • 歯科医師免許、臨床検査技師免許
  • URL:https://kids-kurumi.com

Q:まず、先生のご経歴を教えていただけますか。

九州歯科大学歯学部を卒業後、2019年10月に当院を開業しました。当院は小児歯科を中心としていますが、大人の患者さんもいらっしゃいます。

 

矯正治療を始める年齢について

Q:矯正治療についてお聞きしていきたいと思います。まず、どの年齢から矯正をすべきか教えてください。

5~6歳ぐらいから取り組むのが理想です。

これは一期治療と呼ばれるもので、乳歯の段階から開始するものです。

永久歯が生え揃い、骨格も落ち着いてきた時期以降におこなうのが二期治療になります。

顎の骨の成長に合わせて進めるので、抜歯や、歯を無理に動かさず歯並びを整えられる可能性が高いです。

一期治療のみで矯正が終わらない場合もありますが、二期治療の期間も短く済むケースが多くなります。いずれお子さんに矯正を、と考えられているなら、早めの来院はメリットが大きいです。

低年齢から治療を始めるメリットは他にもあって、歯のケアや噛むことの大切さなど、口を育てる全般のことをお伝えできます。

小さなお子さんは歯医者を怖がるケースもあると思いますが、きちんと説明すればスムーズな治療は可能です。子どもの目線に立ってコミュニケーションをしっかり取ってくれる先生を選べば、歯医者嫌いになるのを避けることができますね。

Q:大人の歯列矯正は二期治療からになるのでしょうか。

その通りです。矯正は何歳からおこなってもいいので、仮に60歳、70歳からでも取り組んでいただけます。 ただ、年齢が上がるにつれ、虫歯や歯周病などのトラブルも増えていきます。歯並びが改善すると、見た目と歯の健康の両方にメリットがあるので、早いに越したことはないでしょう。

矯正治療を受けるメリット・デメリット

Q:矯正治療を受けるメリットとはなんでしょうか。

一番は見た目の改善ですね。

自信を持って笑顔になれるので、人生を豊かにすることができるのではないでしょうか。

歯並びが良くなると、歯磨きもしやすくなるので、虫歯や歯周病を防ぎ、歯を健康に保てます。

噛み合わせも改善するのですが、それによって頭痛が減るなど、全身の健康に貢献するんです。

Q:逆に、矯正するデメリットはありますでしょうか?

自由診療になるので、高額な治療費がかかるのはネックかと思います。

ワイヤーなどは矯正中に歯磨きがしにくいので、治療中に虫歯になってしまうことはデメリットですね。

口臭も気になる場合があるので、治療中の口腔ケアをしっかりおこなう必要があります。

他にも、口の中が傷ついてしまうとか、しゃべりにくいとか。治療中、生活に支障が出ることはあるので、デメリットと言えるかもしれません。

大人の方でワイヤーを使う方は、見た目に出てしまうことを気にされる方は多いです。

ただ、治療期間のみのことではあるので、総合的に見ると矯正をするメリットの方が大きいと思います。

矯正歯科の治療方法の違い

Q:治療法は大きく、ワイヤーとマウスピースがあると思いますが、治療法としての違いを教えてください。

ワイヤーは大きく歯を動かすことができるので、歯並びがかなり崩れている方にも対応が可能です。

しかし、さきほどお伝えしたように、見た目がよくないとか、痛みがあるなどデメリットもあります。

ワイヤーと一言で言っても、目立ちにくい装置や痛みを感じにくいものもあるので、治療法を決める際に比較検討されると良いのではないでしょうか。

インビザラインなどのマウスピースは、ワイヤーと比べてデメリットは少ないです。

ただ、治療法としては大きく歯を動かすのは苦手なので、選べない方もいらっしゃいます。

矯正歯科の治療をスムーズにするには

Q:治療をスムーズに進めるコツはありますか?

先生の指示に従うのは大前提ですね。

マウスピースをきちんと付けるとか、きちんと定期的に通うとか。

仕事が忙しくなったり、結婚式などの際に中断することも可能です。そのぶん治療期間が伸びてしまうことにはなりますが、ライフイベントに合わせて治療を先延ばしにしなくても、対処の方法はあります。

もし、転居などで通えなくなった場合は、治療を受けている先生に紹介してもらって、治療法や方針が近い先生のクリニックに転院する方法があるかと思います。

矯正歯科の選び方とその基準

Q:クリニック選びに悩まれる方が多いようです。どのような基準を持って選ぶのがおすすめでしょうか。

ホームページに治療方針や価格など明記されているクリニックは心構えができると思います。

治療について、いいところだけでなく、注意点やデメリットなど悪い部分も書いているクリニックは信頼できると思います。

ただ、掲載されている情報をそのまま信じられるわけではありませんので、まずは気になったクリニックを訪ねてみるといいのではないでしょうか。

実際に足を運んでお話を聞いてみることをおすすめします。

歯列矯正は2~3年かかるのが平均なので、通いやすさも重視されたほうがいいでしょう。

長いおつきあいになるので、相性のいい先生かどうかも大切ですね。

Q:クリニックの口コミは参考にすべきでしょうか?

口コミだけで判断するのは、難しいのではないでしょうか。

歯の状態や、どの程度キレイにしたいかは患者さんによって異なります。他の人にとってはいい治療でも、自分には合わなかったり、できなかったりすることもあります。

口コミが正しかったとしても、主観が入ってしまうので、「痛くない」と書いてあっても、他の人にとっては痛いという場合もありますし。

参考程度にするのはいいかもしれませんが、最終的にはご自身がクリニックに足を運んでみて、先生の話を聞くことが大切だと思います。

矯正歯科ごとの費用の違い

Q:矯正は自費になることもあり、クリニックによって費用に差があると思います。この差の理由はなんでしょうか。

使っているメーカーや、材料によって価格は変わってきます。原価が高くなると治療費も高くなってしまいますね。

立地とか、クリニックの設備も価格には反映されてきますので。

安いから悪い、高いからいい、というわけではありません。

体に入るもので、一生モノの大きな治療ですので、納得いくまで比較検討されることをおすすめします。

また、治療費にどこまで含まれているかはクリニックによって違うので、総額だけでなく、見積の明細も比較すると良いと思います。

治療後のメンテナンス

Q:治療終了後について、キレイな歯を保つために大切なことを教えてください。

保定装置を正しく付けることは必須です。

そして、歯磨きを徹底されたり、定期検診でケアするなど、歯の状態を健康に保つ努力も不可欠になります。

せっかく矯正をされたのに、サボってしまって歯並びが崩れたり、虫歯や歯周病で歯をダメにしてしまう方は少なくありません。

矯正治療中に、歯のお手入れについてもしっかり学んでいただき、治療終了後も実践できるように取り組んでいきましょう。

土日もやっている吉祥寺の矯正歯科を見る

吉祥寺のおすすめ
矯正歯科クリニック3選

この条件で選抜!

  • 吉祥寺駅より徒歩5分
  • 矯正歯科専門
  • 評判が良い
  • 吉祥寺エル矯正歯科

    吉祥寺エル矯正歯科

    裏側矯正の名医

    裏側矯正の施術実績2,000人以上!技工室完備のクリニックだから、自分だけの高品質な矯正がスピーディに叶う!

    公式サイトを見る

  • 渡辺矯正歯科

    渡辺矯正歯科

    表側矯正が得意

    近隣病院との提携家族割引などのサポートが充実!
    表側矯正・マウスピース矯正の名医も在籍するクリニック。

    公式サイトを見る

  • ひおき矯正歯科

    ひおき矯正歯科

    親子2代で診療

    できるだけ歯を抜かない矯正治療」がモットーのクリニック。一軒家を改装したアットホームな院内が評判。

    公式サイトを見る