出っ歯

出っ歯の主な症状や原因、おすすめの矯正方法を紹介します。

出っ歯の特徴

歯並びが悪い人の中でも、多くの人が悩まされているのが出っ歯です。出っ歯は、上の前歯や上あご全体が出ている状態のことで上顎前突症ともいいます。見た目の美しさを損ねるだけでなく、上下の歯の噛み合わせも悪くなるのが大きな問題です。

出っ歯の原因には、大きく分けて2つのタイプがあります。

出っ歯の原因

遺伝の場合

両親や兄弟に出っ歯の人がいる場合は、先天的な原因が考えられます。生まれつき顔の骨格のバランスが悪かったり、上下のアゴの骨の成長がアンバランスだったりする場合、上の歯が下の歯にかぶさるように生えるので注意が必要です。

癖による場合

その人の癖によっても、出っ歯が生じることがあります。幼い頃の指しゃぶり・舌や下唇を前歯で噛む・舌で前歯を押す・爪を噛む・口呼吸も原因のひとつ。これらの癖がある人は、早いうちに改善することが大切です。

出っ歯の人はほとんど噛み合わせも悪くなっており、それによってアゴの筋肉に負担をかけたり歯周病・口臭・顎関節症などを引き起こすこともあります。早いうちに矯正治療で改善しておくのがおすすめです。

出っ歯が悪化するとどうなる?

出っ歯は見た目の問題も大きいのですが、 放置していると悪化してしまう可能性があることはあまり知られていないかもしれません。出っ歯に悩んでいる方の中には昔に比べて状態が悪くなっていると感じている方も多いはず。

これには様々な理由があります。まず、出っ歯でかみ合わせが悪いために下の歯で上の歯を押し出す癖がついてしまったということ。まず、軽く口を閉じてみましょう。奥歯を触れ合わせた時に前歯はどのような状態になっているでしょうか。

上の前歯と下の前歯が触れ合っている場合、矯正をして治さなければ状態はますます悪化します。口を閉じた際に下の歯が上の前歯に触れると上の前歯は何とかしてそれから逃れようと動くのです。するとどんどん前にズレ込み、出っ歯が悪化する方もいます。 他にも、前歯を舌で押し出す癖がある方はこれを改善させられるように注意してみてくださいね。

20代を過ぎてから出っ歯が悪化するケースも

20代を過ぎてから出っ歯が悪化するケースも珍しくありません。出っ歯といえば小さい頃から傾向があるように思われがちですが、若い頃は何も気にならなかったのに、年齢を重ねるにつれて徐々に出っ歯になってくる方もいるのです。

虫歯の治療をしっかり完成させずに歯が足りない状態になっていたり、歯を支える土台の力が弱まることにより歯並びが乱れ、出っ歯になることがあります。 ただ、すべての出っ歯が悪化するわけではありません。悪化するタイプのものとしないタイプのものがあるのですが、悪化するにしても数ヶ月から数年といった長い期間をかけて少しずつ状態が変わるので自分で悪化していることに気づけない方も多いようです。 気になる方は一度診察を受けてみましょう。

大人になってから徐々に出っ歯になっている方の場合、大きな理由は普段のクセにあります。例えば、下唇を上の前歯でかみしめる癖はないでしょうか。こういった癖がある場合、知らず知らずのうちに上の前歯を前に押し出す動作をしていることにも繋がります。

このような癖は自分でも気づかないうちに行っているため、何が原因で出っ歯になってしまったのかわからない方も多いです。ですが、昔に比べて明らかに出っ歯が悪化してきたと感じる方は原因を突き止めてみてくださいね。

出っ歯といびきの関係とは?

いびきをかいていることに悩んでいる方は、もしかしたら出っ歯が関係しているのかもしれません。そもそもいびきの大きな原因は何かというと、これは本来睡眠時は鼻呼吸になるべきところが口呼吸になっていることにあります。

出っ歯になると口を閉じて眠るのが難しい状態になり、どうしても寝ている最中に口が開きやすいといえるでしょう。すると下あごが下がり、舌根が落ち込んで気道を圧迫し、いびきをかくのです。 出っ歯の状態を改善しなければ口呼吸を改善するのはなかなか難しいでしょう。ただでさえ口から空気を取り入れにくい状態になっているため、呼吸を強めようとすれば更にいびきが悪化します。

一般的に出っ歯というと上の歯が普通の人よりも極端に出ている状態を想像しますが、人によっては上アゴが出ているというよりも下アゴが引っ込んでいるケースも多いです。通常の状態から下アゴを引っ込めてみても気道が狭くなるのがわかりますよね。 このような状態の出っ歯である場合、顎を前に移動させる手術も効果的です。

鼻呼吸しやすい状態を整えてあげる

また、歯列矯正で舌の置き場所を確保し、鼻呼吸しやすい状態を整えてあげることも大切になります。

いびきの問題は個人では気づけないケースも多く、家族から指摘されて気づいた方もいるでしょう。出っ歯が原因でいびきをかいている場合、データ自体を改善しなければいびきを改善させるのが難しいので、早めに対策について考えておきたいですね。

出っ歯を改善する矯正法

出っ歯を改善するには、子供の頃の成長期にワイヤー矯正で骨格を正しい位置に導くのがベストです。ですが、大人になってからでも出っ歯や噛み合わせをキレイにすることができます

出っ歯の矯正方法

  • 主な治療法:裏側矯正、ハーフリンガル、表側矯正
  • 治療期間:1~2年
  • 費用:70〜120万円

出っ歯を矯正した明美からアドバイス

長女・明美のアイコン 私も以前は出っ歯がコンプレックスだったんだけど、矯正治療をしてからは前歯がキレイに真っ直ぐに揃って、悩んでいた口呼吸も改善されたの♪
数ある治療の中でも出っ歯の治療に効果的と言われるのは、裏側矯正。裏側に装置をつけることで奥歯が固定されやすく、前歯がより引っ込みやすくなるそうよ。
表側矯正に比べると複雑で細かな調整が必要だから、しっかりとした技術や経験のあるクリニックが安心よ!

吉祥寺のおすすめ
矯正歯科クリニック3選

この条件で選抜!

  • 吉祥寺駅より徒歩5分
  • 矯正歯科専門
  • 評判が良い
  • 吉祥寺エル矯正歯科

    吉祥寺エル矯正歯科

    裏側矯正の名医

    裏側矯正の施術実績2,000人以上!技工室完備のクリニックだから、自分だけの高品質な矯正がスピーディに叶う!

    公式サイトを見る

  • 渡辺矯正歯科

    渡辺矯正歯科

    表側矯正が得意

    近隣病院との提携家族割引などのサポートが充実!
    表側矯正・マウスピース矯正の名医も在籍するクリニック。

    公式サイトを見る

  • ひおき矯正歯科

    ひおき矯正歯科

    親子2代で診療

    できるだけ歯を抜かない矯正治療」がモットーのクリニック。一軒家を改装したアットホームな院内が評判。

    公式サイトを見る