歯を抜かない矯正治療の方法とは

これまでの矯正治療では、抜歯をともなう方法が一般的でした。しかし患者にとって抜歯は少なからず負担であり、近年では“健康な歯を抜いてしまうべきではない“と考える医師も増えてきているといいます。現にたいていのクリニックでは「歯を抜かない矯正治療」に対応しており、できるだけ抜歯をせずに矯正治療をおこなうことが一般化してきているといえるでしょう。

歯を抜かない矯正治療ってどんなもの?

歯並びは、イスと人に例えられることがあります。歯が生えている土台となる顎骨をイス、そこに生えている歯を人とします。歯並びが悪い状態は6人掛けのイスにそれ以上の人数が座っているものであり、矯正治療では抜歯をして“座る人を減らす”か、歯を移動させたり奥歯に隙間をつくって“イス自体を大きくするか”を選択する必要があります。この“すべての人(歯)を座らせるためにイスを大きくするのが「歯を抜かない矯正治療」です。

歯を抜かない矯正治療の「口内を広げる」方法とは?

歯を抜かずに矯正治療をおこなう方法として、「奥歯を移動させる」方法があります。歯列をたて方向に拡大するものであり、奥歯を後ろにずらすイメージ。矯正装置の力で奥歯を少しずつ移動させ、歯が並ぶスペースをつくります。この場合親知らずは抜歯します。抜かない矯正治療といっても、親知らずは抜くことがほとんどです。
また、「歯列をよこ方向に広げる」方法もあります。歯が生えているU字型の骨の幅を頬側に向かって拡大し、歯の並ぶスペースを確保します。

歯を抜かない矯正治療の「歯を削る」方法とは?

歯と歯の隣接面のエナメル質をわずかに削ってスペースを確保する方法です。歯の表面はエナメル質で覆われていますが、このほんの一部を削ることで歯のサイズを少しずつ小さくします。削った部分はフッ素コートを施しますので虫歯の心配もありません。

そもそも歯を抜かない矯正治療こそが「よい矯正治療」なの?

歯を抜かずに矯正治療をおこなえるのなら、その方法を選ぶ患者さんほとんどでしょう。誰だって健康な歯を不用意に抜きたくはありません。しかし、ケースによっては歯を抜くことで良い結果がでる場合もあります。歯を抜かないということは歯を残せるメリットがある反面、治療終了後の後戻りや歯茎への負担などのデメリットもあります。また歯を抜かなければ理想的な歯並びにならないケースもあるでしょう。

場合によっては歯を抜いた方が良い結果がでることも

「歯を抜かない治療」をおこなっているから優れているのではなく、患者さんひとり一人の口腔状態によって「歯を抜く」、または「歯を抜かない」を判断し、その理由をしっかりと説明できる医師のいるクリニックがおすすめです。どんなケースにも抜歯をせずに矯正治療をおこなうことが“良い矯正治療”とは限りません。

吉祥寺のおすすめ
矯正歯科クリニック3選

この条件で選抜!

  • 吉祥寺駅より徒歩5分
  • 矯正歯科専門
  • 評判が良い
  • 吉祥寺エル矯正歯科

    吉祥寺エル矯正歯科

    裏側矯正の名医

    裏側矯正の施術実績2,000人以上!技工室完備のクリニックだから、自分だけの高品質な矯正がスピーディに叶う!

    公式サイトを見る

  • 渡辺矯正歯科

    渡辺矯正歯科

    表側矯正が得意

    近隣病院との提携家族割引などのサポートが充実!
    表側矯正・マウスピース矯正の名医も在籍するクリニック。

    公式サイトを見る

  • ひおき矯正歯科

    ひおき矯正歯科

    親子2代で診療

    できるだけ歯を抜かない矯正治療」がモットーのクリニック。一軒家を改装したアットホームな院内が評判。

    公式サイトを見る