矯正をするには必ず抜歯をするの?

矯正をすることになった場合、必ずしも抜歯をしなければならないのでしょうか。年をとってもできるだけ自分の歯でいたいと思っている方にとっては、いくら歯並びが良くなるとしても抜歯をすることにデメリットを感じる方も多いはず。そこで、矯正と抜歯の必要性についてご紹介します。

抜歯は必要?

抜歯をするというと悪いことばかりを考えてしまいがちですが、実はデメリットだけでもありません。必要に応じて抜歯を行ったほうがメリットが目立つケースも多いのです。

そもそも歯列矯正は何のために行うのかというと、歯並びを良くするためですよね。その際に抜歯を行わないと矯正がうまくいかないこともあるのです。

例えば、顎が小さいために歯がキレイに並ぶことができず、乱れてしまう方もいます。このようなケースではすべての歯を残した状態で歯を並べることは非常に難しいです。ですが、抜歯を行えばその部分に歯を並べる土台となる顎部分に余裕ができるため、歯列矯正が成功しやすくなります。

絶対に抜歯はしないと決めてしまうと狭い土台の中で無理やり歯を並べなければならないので、矯正がうまくいかなかったり、必要以上に時間がかかってしまうこともあるのです。

場合によっては顎を広げる治療を行わなければなりません。当然ながら治療期間も長くかかりますし、下手をすると歯の神経が死んでしまうこともあります。こういったことまで考えると、「絶対に抜歯をしない」という選択肢は必ずしも最良とは言えないでしょう。

抜歯をするメリット

他にも様々なメリットがあります。例えば、抜歯をせずに無理やり矯正するのに比べて元の状態に戻る可能性が低くなるということ。歯は歯列矯正が完了した後も元の状態に戻ろうとするため、無理やり歯列矯正をすると治療が終わった後に戻ってしまうことがあるのです。

また、出っ歯を治療する際にも前歯の位置を整えるために抜歯が効果的なケースがあります。

抜かない歯列矯正

このようなメリットやデメリットを知った上で、どうしても抜きたくないということであればその選択肢がないわけではありません。

ただ、顎を広げたり、歯を削って小さくするなどの治療が必要です。中には大掛かりな治療になるものもあるため、自分がどのような選択肢をとるかについてはよく話し合いをして決めましょう。

抜歯をするというと痛みが不安だという方もいますが、10分ほどで済みますし、5,000~10,000円ほどの費用は必要ですが医療費控除の対象になります。抜歯をしたからといってデメリットばかりが目立つわけではないので、自分にとってはどのような形が最も理想的なのか相談し、最適な方法を探してみましょう。

また、抜かない歯列矯正は必ずしもメリットだけではありません。小学生低学年のうちであればまだ顎の骨が固まっていないこともあり顎を広げて抜歯をしない選択肢も残されていますが、大人になってから顎を広げるのは非常に大変なことです。

矯正歯科によっても考え方が違うので相談してみてくださいね。

吉祥寺のおすすめ
矯正歯科クリニック3選

この条件で選抜!

  • 吉祥寺駅より徒歩5分
  • 矯正歯科専門
  • 評判が良い
  • 吉祥寺エル矯正歯科

    吉祥寺エル矯正歯科

    裏側矯正の名医

    裏側矯正の施術実績2,000人以上!技工室完備のクリニックだから、自分だけの高品質な矯正がスピーディに叶う!

    公式サイトを見る

  • 渡辺矯正歯科

    渡辺矯正歯科

    表側矯正が得意

    近隣病院との提携家族割引などのサポートが充実!
    表側矯正・マウスピース矯正の名医も在籍するクリニック。

    公式サイトを見る

  • ひおき矯正歯科

    ひおき矯正歯科

    親子2代で診療

    できるだけ歯を抜かない矯正治療」がモットーのクリニック。一軒家を改装したアットホームな院内が評判。

    公式サイトを見る