吉祥寺の矯正歯科を徹底リサーチHOME » 矯正する前に注目!知っておきたい基礎知識 » 矯正歯科は転院出来る?引っ越しなどで通えない場合

矯正歯科は転院出来る?引っ越しなどで通えない場合

基本的に矯正歯科は転院しない方が良いです。しかし、引っ越しなどが理由でどうしても今まで通っていた矯正歯科に通えなくなってしまう…と悩んでいる方もいるはず。また、本格的な治療を始めたもののどうしても医師と合わないケースもありますよね。

そのような場合、転院すること自体は不可能ではありません。

矯正歯科の転院方法

まず、今通っている矯正歯科で転院の意思があることを相談しましょう。引っ越しなどが理由だった場合、特に何か言われるようなことはないはずです。

医師と合わなかった場合に転院を考えている場合、どのように伝えれば良いのか悩んでしまうこともありますよね。不満に思っていることを直接伝えるのも一つの方法です。それにより、納得のいく対応が受けられるようになり、転院せずに済むケースもあるでしょう。

ただ、どうしても合わないから何が何でも転院したい、だからといって合わないと伝えるのはちょっと…と考えている方は、仕事が変わって通いにくくなったと伝えるのもおすすめ。「これまで仕事帰りに通っていたんですが、職場が逆方向になり職場近くの矯正歯科を検討している」という方法もあるでしょう。

今通っている矯正歯科から系列の歯科を紹介してもらえれば転院は非常にスムーズです。自分が引っ越しを検討している地域に系列の歯科がないか確認してみてくださいね。

治療は継続できる?

矯正歯科を転院した場合、これまで受けていた治療をリセットし、一から行わなければならない可能性もあります。というのも、歯列矯正は歯科医師によって考え方や得意としているやり方も大きく違うケースがほとんどなのです。

こういった理由もあり、できるだけ転院しない方が良いと言われています。

もちろん、矯正を一から行うといっても良くなりかけていたものを元の位置に戻して再度治療を行うわけではありません。現在の状態から最良の状態にするためにはどうすれば良いのかを検討してくれるので、必要以上に長い時間がかかるようなことはないでしょう。

ただし、転院せずにいればかからなかったような費用は発生します。例えば、通う歯科医院が変われば新しくレントゲンを撮ったりしなければならないので、そういった際の費用は発生しますよね。

費用の点で、もう一つ確認しておかなければならないのが、前の矯正歯科で支払い済みのお金があった場合、それが戻ってくるかどうかということ。一括で費用を支払っていた場合、まだ施術を受けていない分の費用は戻ってくるのでしょうか。これは事前に説明がありますが、初めから転院を検討して歯科医院を決める方はいないため、「説明された気がするけれど覚えていない…」という方も多いです。

その場合は少し気まずいかもしれませんが直接確認してみましょう。ただ、ほとんどの場合、支払い済みのお金は返金されません。これも転院をする大きなデメリットだといえますね。

もし、引っ越しをするとしても今通っている矯正歯科が通える範囲にある場合は継続して同じ矯正歯科に通うことをおすすめします。交通費はかかるかもしれませんが、新しく治療を開始するとなればそれ以上の費用がかかるケースも多いため、総合的にみてどちらがお得なのかよく考えた上で判断しましょう。

吉祥寺のおすすめ
矯正歯科クリニック3選

この条件で選抜!

  • 吉祥寺駅より徒歩5分
  • 矯正歯科専門
  • 評判が良い
  • 吉祥寺エル矯正歯科

    吉祥寺エル矯正歯科

    裏側矯正の名医

    裏側矯正の施術実績2,000人以上!技工室完備のクリニックだから、自分だけの高品質な矯正がスピーディに叶う!

    公式サイトを見る

  • 渡辺矯正歯科

    渡辺矯正歯科

    表側矯正が得意

    近隣病院との提携家族割引などのサポートが充実!
    表側矯正・マウスピース矯正の名医も在籍するクリニック。

    公式サイトを見る

  • ひおき矯正歯科

    ひおき矯正歯科

    親子2代で診療

    できるだけ歯を抜かない矯正治療」がモットーのクリニック。一軒家を改装したアットホームな院内が評判。

    公式サイトを見る