HOME » 矯正する前に注目!知っておきたい基礎知識 » 矯正歯科の費用はどれくらい?

矯正歯科の費用はどれくらい?

矯正治療にかかる費用相場や料金システム、医療費控除について解説しています。

矯正治療の料金のしくみと費用相場

矯正治療では歯並びの状態やクリニックのシステムによって、費用や支払い形態が変わってきます。東京・吉祥寺エリアにある矯正歯科の費用相場を期間別に分けてみました。

治療前

  • 初診・相談料…0~3,000円程度
  • 検査料…3~4万円ほど

治療中

  • 装置料…表側矯正70~90万円、裏側矯正90~120万円ほど
  • 処置料(毎回の診察費)…3,000~5,000円程度

治療後

  • 保定装置料…1~6万円程度
  • 処置料(毎回の診察費)…3,000~5,000円程度

歯の矯正には実際に矯正器具をつける期間(約1~2年)と、後戻りを防ぐための保定期間(約1年)があって、それぞれに費用がかかります。

クリニックによっては歯のクリーニング代がかかることなどもあるので、カウンセリング時に必要な費用をしっかりと確認しておくことが大切です。

支払い形態は2種類

クリニックによって、治療費は2種類の支払い方法があります。

処置料を別払いで行う一般的なタイプ

メインの矯正装置料を支払った後は、通院するたびに数千円の処置料がかかります。この場合、トータルでいくらかかるかが分かりにくいので、最初に大まかな治療費の目安を聞いておくと安心です。

治療を開始する前に治療費を一括で支払うタイプ

通院費や保定装置料も料金に含まれているので、原則として追加料金が発生することはありません

いずれの場合も、歯列矯正には高額の費用がかかります。分割払いを希望する際は、分割回数、金利手数料についても事前に確認しておきましょう。

治療費が戻ってくる?!医療費控除についても知っておこう

医療費控除とは、その年に支払った医療費が10万円を越えた場合に一部の金額の所得控除が受けられる制度のこと。歯の矯正は基本的に自費診療となりますが、医療費控除を受けることで一部の税金が戻ってくることがあります。

歯の矯正治療では、担当医が「噛み合わせの悪さなどで機能的な問題があって矯正治療が必要」と判断した場合、控除の対象に。対象となる医療費は、矯正にかかる治療費・治療に必要な医薬品の料金・通院にかかった交通費の3つです。

控除を受ける際は、確定申告の時にかかった治療費を証明する領収書と担当医の診断書が必要になるので、大切に保管しておきましょう。

基本的に審美目的での矯正治療は対象外となりますので、医療控除が受けられるか担当医に確認してみてください。

吉祥寺のおすすめ
矯正歯科クリニック3選

この条件で選抜!

  • 吉祥寺駅より徒歩5分
  • 矯正歯科専門
  • 評判が良い
  • 吉祥寺エル矯正歯科

    吉祥寺エル矯正歯科

    裏側矯正の名医

    裏側矯正の施術実績2,000人以上!技工室完備のクリニックだから、自分だけの高品質な矯正がスピーディに叶う!

    公式サイトを見る

  • 渡辺矯正歯科

    渡辺矯正歯科

    表側矯正が得意

    近隣病院との提携家族割引などのサポートが充実!
    表側矯正・マウスピース矯正の名医も在籍するクリニック。

    公式サイトを見る

  • ひおき矯正歯科

    ひおき矯正歯科

    親子2代で診療

    できるだけ歯を抜かない矯正治療」がモットーのクリニック。一軒家を改装したアットホームな院内が評判。

    公式サイトを見る