いつから始めればいいの?

年齢制限の有無や、年代別に矯正を始める適齢期をご紹介します。

矯正に年齢制限ってあるの?

「歯の矯正は子どもの頃に行うのが一番良い」というのはよく聞きますが、実際には歯の矯正治療に年齢制限はありません。20代・30代・40代・50代以降の方でも、矯正をして理想の歯並びを手に入れている方はたくさんいます。

ここ数年で大人の矯正治療が急増しているのは、目立たない治療法が増えたため。外からは矯正していることが分からない裏側矯正や透明なマウスピースを使った治療など、仕事柄装置をつけることができなかった人も気軽に矯正治療に取り組めるようになりました。

矯正をすれば歯並びが整うだけではなく、歯周病・口臭・口呼吸の改善効果も期待できます。

年代別の矯正適齢期

幼少期~小学生

矯正のスタートに最も適しているのが、小学生前半までの時期。あごの骨が成長段階のこの期間に矯正を行うことで、歯がキレイに生えるスペースを作ることができます。抜歯が必要ないのも魅力のひとつです。

中学生・高校生

高校卒業後には、大学受験や就職、結婚など大きなイベントが待ち構えています。将来を考えてお子さんに矯正をさせるなら、高校生までがベストと言えるでしょう。

中学生以降では裏側矯正などもできるようになるので、外見を気にする思春期でも安心して治療が始められます

20代

20代になると学生生活や就職などで、人との交流が盛んになります。よりいっそう見た目も気になる時期にコンプレックスを解消しておけば、大きな自信につながるはずです。

就職の内定が決まったり、結婚式を自分史上最高の歯並びで迎えられたりすることも。笑顔に自信を持つことは、人生を豊かにすることにもつながります。

30代

バリバリ働く30代は、自分のために使える時間やお金にも余裕が出てきます。女性は自分磨きに力を入れる方も多く、矯正をするにはまさに最適な時期。社会人の矯正は、裏側矯正やハーフリンガルなどの目立たない矯正法が人気です。

40代以上

40代を過ぎると、加齢による歯のトラブルが増え始めます。歯周病にかかりやすくなり、口臭がきつくなる方も。矯正をすることで歯磨きがしやすくなって、歯周病や口臭防止、歯の健康維持にも効果的です。時期的に遅過ぎることはないので、一生涯自分の歯でいるためにも治療を受けることをおすすめします。

次女・仁美よりひとこと

次女・仁美のアイコン 最近は裏側矯正やマウスピース矯正など目立たない矯正法が開発されたおかげで、大人でもとても矯正がしやすくなったよね。我が家の3姉妹はみんな19歳から20代の間に矯正を始めて、それぞれが受け口や出っ歯などの長年の悩みを解消しているの。
矯正治療は、思い立った時が始め時。治療には最低でも1~2年かかるから、なるべく早く始めることをおすすめするわ。

吉祥寺のおすすめ
矯正歯科クリニック3選

この条件で選抜!

  • 吉祥寺駅より徒歩5分
  • 矯正歯科専門
  • 評判が良い
  • 吉祥寺エル矯正歯科

    吉祥寺エル矯正歯科

    裏側矯正の名医

    裏側矯正の施術実績2,000人以上!技工室完備のクリニックだから、自分だけの高品質な矯正がスピーディに叶う!

    公式サイトを見る

  • 渡辺矯正歯科

    渡辺矯正歯科

    表側矯正が得意

    近隣病院との提携家族割引などのサポートが充実!
    表側矯正・マウスピース矯正の名医も在籍するクリニック。

    公式サイトを見る

  • ひおき矯正歯科

    ひおき矯正歯科

    親子2代で診療

    できるだけ歯を抜かない矯正治療」がモットーのクリニック。一軒家を改装したアットホームな院内が評判。

    公式サイトを見る